Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月19日 (火) | Edit |
おはようございます。じろらもです。

野村證券が確定拠出年金スマートフォンサービスを開始したようです。

野村スマホ対応
(↑ クリックで拡大)

しかし、対応・・・遅いですね; 

岡三証券ですら昨年の5月には開始しているのに、大手がこれでは困ってしまいます。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
2013年02月05日 (火) | Edit |
おはようございます。じろらもです。

私の働く会社では、昨年秋より確定拠出年金(401k)が始まっております。確定拠出年金をざっくりと言ってしまえば、定年後の自分の年金を、会社ではなく自分自身が責任を持って運用するというものです。

企業はいままで確定給付年金という形で社員の年金をほぼ定率保証してきましたが、企業業績や会計制度も踏まえて、社員の年金を保証しながら会社のお金を回し続けることがとても大変になってきました。そこで導入されたのが、確定拠出年金です。

年金ということになりますので制度的には60歳以降に受け取るお金になり、数十年という長期的なスパンの資産運用が求められます。既に長期投資を行なっている私に取って、早期制度導入を待ち望んでいたものでもありますので、導入された時とても喜んだ記憶があります。

ちなみに私が現在、確定拠出年金で投資しているファンドは・・・

2012年08月11日 (土) | Edit |
先日、インデックス投資仲間の「虫とり小僧」さんと久しぶりにお会いし、仕事、投資、家族、最近の出来事などいろいろとお話し楽しい時間を過ごすことができました。

個人的に虫とりさんの世の中を見る視点が好きでして、投資に限らずとことんこだわって物事を追求する姿勢に関心する訳であります。またぜひ機会をもうけられればと思っています。


さてさて、投資に関してはお互いスタンスは変わっていないようでしたね。私がこれから変えるとするならば、私の働く会社が10月より企業型確定拠出年金がスタートしますので、その比率を考えて投資配分を調整することぐらいでしょうか。

いままでと何ら変わらず、人的投資に集中できる環境として。淡々と機械的に毎月同じ金額を同じ比率で買い付けを維持し、ほったらかしておきたいと思います。


ちなみに、今回会社に導入された確定拠出年金の商品一覧を以下にまとめてみました。(元本確保型除く)

カテゴリー商品名委託会社販売会社




バランス型
三菱UFJプライムバランス(安定型)三菱UFJ信託三菱東京UFJ銀行
三菱UFJプライムバランス(安定成長型)三菱UFJ信託三菱東京UFJ銀行
三菱UFJプライムバランス(成長型)三菱UFJ信託三菱東京UFJ銀行
国内債券DC日本債券インデックス・オープンS三井住友トラスト・アセットマネジメント三井住友信託銀行


国内株式


野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX野村アセットマネジメント野村證券
ニッセイ日本株ファンドニッセイアセットマネジメント日本生命保険
フィデリティ・日本成長株・ファンドフィデリティ投信日本生命保険
損保ジャパン・グリーン・オープン損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント第一生命保険
外国債券DCダイワ外国債券インデックス大和証券投資信託委託日本生命保険


外国株式


野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI野村アセットマネジメント野村證券
三菱UFJDC新興国株式インデックスファンド三菱UFJ信託三菱東京UFJ銀行
三菱UFJ<DC>海外株式オープン三菱UFJ信託三菱UFJ信託銀行
フィデリティ・グローバル・ファンドフィデリティ投信日本生命保険

企業によって選択できるファンドが違う訳ですが、私が選べる選択肢は上記の通り。同リスクで手数料、税額控除などを加味すると、野村DC外国株式インデックスファンドMSCI-KOKUSAIをメインに考えるのが妥当かなと考えています。

人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。


2012年06月04日 (月) | Edit |
私が働く会社もようやく確定拠出年金が10月より始まることが確定しました。順次社員にはそのDC説明会を聴講する義務が発生しておりまして、私は仕事のスケジュールを調整して6月第3週に受けることにしました。ようやくですからね。詳細などいまから楽しみです。

ちなみにこの企業型401k、どのくらい企業の導入が進んでいるのか厚生労働省のHPでザックリ確認してみました。

確定拠出年金加入者推移

日本の会社の数を約270万社と想定すると、16,440社(全上場会社数3,500~3,600社)はやっぱり少ないですかねぇ。総務省の労働力調査で就業者数を確認すると6,275万人ですから企業型・個人型の加入者を併せても約6.9%の加入率ということになります。

私の働く会社がひと際導入が遅いのかと思いきやそんなことも無いようです。ただ、転職して来た同僚のほとんどが前職から401kをポータブルできなかったと嘆いておりましたし、確定給付の足かせを早く取ってあげて会社の成長を促すこと、そして個人的にも長期を目的とした投資活動をしている以上、早いにこしたことは無い訳であります。

とりあえずは今月の説明会、そして10月の開始が待たれるところであります。


人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
2012年02月26日 (日) | Edit |
2月は・・・とにかく死んでました。。人的投資である仕事の密度が濃すぎて、子供にも土日に「たまに見かける人」状態となっており心身共にかなりの負荷がかかっておりました。3月もいろいろと多忙ではありますが、大きな山はとりあえず超えたのかなと思います。

金融投資に関しては、世の中に政策的なお金がジャブジャブと出回っている状態ですから状況として資産はプラ転です。ただ個人的にはまた近くから下げ局面になるのではと考えていますが、先のことなんてどうなるかはわからないので比率を決めて愚直にコツコツと買い続けるだけです。


さてさて、タイトルにもある401kですが、ようやく私が働く会社も導入となりそうです(チクチクと言っていたのが効いたかな?)。「保守的だなー」と思いながらも、会社側としては組合が強かったのか、はたまた「社員を思って」といったところだったのでしょうが、時代は目まぐるしく変わっている訳でして。。会社側もいよいよ確定給付で確約するのも耐えられなくなったといったことが原因なのは明らかでしょう。

社員の中にはもちろん「401kなんて断固反対!」という方もいらっしゃいますが、考え方はまぁ人それぞれである訳でして、私からは何も申し上げることはありません。ただ、私個人としては表向きは無表情に装いつつも内心では「よっしゃー!おらぁー!」と野蛮にもけたたましく叫んでいる訳です。

システムの移行など具体的導入時期はまだ未定ではありますが、間違いなく導入されるようですのでその開始が待たれるところです。


人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。