Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月17日 (水) | Edit |
今日の日本経済新聞の夕刊2面に『世界銀行予測 中国成長率 今年は9.5%』として、経済政策を09’より引き締めが必要だとしています。

【記事引用】

世界銀行の中国事務所は17日発表した四半期に1度の中国経済報告で、2010年の国内総生産(GDP)成長率の予測を実質9.5%とした。リスク要因として、行きすぎた金融緩和がもたらした資産バブルの懸念などを挙げ「10年はマクロ経済政策を09年に比べ引き締め気味にする必要がある」との見解を示した。

 中国の09年のGDP成長率は実質8.7%だった。金融危機による輸出の落ち込みを大規模な公共投資で穴埋めし、政府目標の8%成長を達成した。世銀は 10年についても「公共投資が減速するものの、世界経済の回復を受けて輸出が持ち直す」と分析し、力強い成長が続くと予想した。

 インフレは「次第に鮮明になる」とし、10年の消費者物価指数(CPI)の上昇率は政府目標の3%を上回る3.7%と見込む。インフレ予想を抑え、不動産バブルの発生を防ぐためには「金融政策のスタンスを今より引き締め気味にし、為替相場を上昇させることが効果的だ」と指摘し、人民元相場を切り上げる必要性にも言及した。


【記事引用終】




[READ MORE...]
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。