FC2ブログ

投信分配金の落とし穴!?

本日の日経新聞の夕刊1面で『投信の分配金 利回り2年ぶり高水準 新興国投資が拡大』として、高齢者が毎月分配型のタイプを好んでいるとしています。

【記事引用】

投資信託の分配金利回りが上昇している。2月末時点の平均利回りは6.3%と1年前に比べ0.9ポイント上昇。2008年3月以来の高さで、金融危機前の水準まで回復した。高リスクながら収益も期待できる新興国通貨などに投資する投信が増えたことが背景だ。ただ、分配金の増加には運用益を再投資する機会を逃しているという側面がある。高リスク資産への投資などで元本が目減りする可能性もある。

 野村総合研究所が追加型公募株式投信(上場投資信託=ETF=を除く)について調べた。分配金は収益を現金で投資家に還元するもので、投信が保有する債券の金利や株式の配当、値上がり益などが原資。直近1年間の分配金の総額を同じ期間の純資産残高の平均で割って算出したのが分配金利回りで、「過去1年間の運用実績」を知る指標の一つともいえる。


【記事引用終】


更に記事では、年金を補う形で毎月の定期的な現金収入を求める高齢者は、「毎月分配型」のタイプを好む傾向にあるとしており、追加型公募株式投信に占める毎月分配型のシェアは2月末に60.4%と過去最高を記録したとのこと。


人の投資の考え方はいろいろありますので一概には申し上げられませんが・・・





more...

スポンサーサイト



プロフィール

じろらも

Author:じろらも
老後資金を考え、インデックス投資で長期分散投資をしています。

■練馬区に住む40代半ばの既婚者
【趣味】波乗り
【タイプ】ロングボード
【目標】海の近くで老後を楽しむこと
【愛読誌】NALU

■メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2010年 第118号
暮らし・資産づくり
「投資にツイッター」

日経ヴェリタス 2010年6月13日号


■投資との向き合い方
波乗りをしている間にも、私が投資したお金達は日本はもちろん、どこか知らない国や企業でせっせと働いています。

仕事や趣味を大切にしたい私にとって、時間に拘束されることもなく、また感情にも左右されず、毎月淡々と機械的に積み立ててくれるインデックス投資は正に最適です。

しかも投資したお金達が、国境を問わず世界中のさまざまな企業の生産活動に貢献していると考えると何だかワクワクしますよね!

長期で運用することによる複利効果と、ドルコスト平均法によるリスクの分散もできるとあって、私のスタイルに合っているストレスフリーな投資方法だと思っています。

老後に向かって今を楽しみましょう!
今週末もLet's Surf!

世界のマーケット
月間アクセスランキング
リンク
以下のリンクブログを参考に日々勉強させて頂いております。いつもありがとうございます。---(点線)---以上が相互リンクさせて頂いているブログ。---(点線)---以下が非相互リンクブログです。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
金魚と市況

株価ミニチャートのブログパーツ
おすすめネット証券
インデックス投資はやっぱりネットが便利!

SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
セゾン投信

Twitter
来訪者
メールフォーム
管理人への連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: