Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
2010年05月01日 (土) | Edit |
STAM、eMAXIS、CMAMと個人投資家にとって信託報酬の低いファンドがどんどん出てきてくれたことは大変喜ばしいことです。そんな中、ふとこれらのベビーファンドのおおもとである、それぞれのマザーファンドの資産規模ってどれぐらいなのかな?と思って確認したのが今回のエントリです。


<大きなマザーファンドのメリット>
規模の大きなマザーファンドを通じて運用することにより、有価証券の売買頻度を抑えるなど効率的な運用を行うことで、組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料や外貨建資産の保管等に要する費用などのコストを抑えることができます。(中央三井AMより抜粋)





[READ MORE...]
スポンサーサイト