Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
2010年06月21日 (月) | Edit |
日本経済新聞(6月20日)の1面、『通貨混沌 ユーロ不安と世界 5』 を読んで、これからの世界経済の不透明さと現実としてある今の問題を自分なりに消化してみたいと思って書いたエントリです。(つまらない妄想も含みますので、現実主義の方は軽く流して下さい;)

余剰マネー制御難しく」 
早まる危機循環

との目を引く見出しから以下文章が続きます。

【本文引用】
金融資産200兆ドル 
 危機のサイクルは確実に早まっている。2008年のリーマン・ショックから2年足らずで起きたユーロ不安。市場にあふれるマネーが世界経済を揺さぶるからだ。各国は危機のたびに大量の資金供給で乗り切った。マッキンゼー・グローバル・インスティチュートによると、1990年に48兆ドル(約4400兆円)だった世界の金融資産は今や200兆ドルに迫る。国内総生産(GDP)が約2.7倍に増える間、金融資産は約4倍に膨らんだ
 リーマン・ショックで市場は16兆ドルを失ったが、米国のGDPに匹敵する14兆ドルの危機対応が穴を埋めた民間の損失は国家が背負い、標的は国債に、通貨に変わる。危機を封じ込める資金供給の処方箋。それがいつしか毒を帯び、新たな危機の発火点となる
【本文引用終】




[READ MORE...]
スポンサーサイト