FC2ブログ

『ウォール街のランダムウォーカー』著者が送るメッセージ

今年初めのインデックス投資ナイトに参加した際、私の席の正面左に、ブログ 『カウンターゲーム』 を運営されているとよぴ~さんが、バンガードのトートバックを持っておられ、「シブいセンスだなぁ」 などと思っておりました。


そして先日、Twitterで「バンガードのトートバックが欲しい」とつぶやいたところ、『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー』 の水瀬さんよりいくつかの情報提供があり、バートン・マルキール氏の来日公演に参加された際に頂いた一品だとのことを知りました。(そういえば、とよぴ~さんもそんなことを言っていた記憶が甦ってきた!)


そのTwitterでのやり取りの際、「マルキール氏の公演をぜひ聞いてみたかった」とつぶやいたところ、以下のエントリを教えて頂きました。



『梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー』 水瀬さんのエントリ
バートン・マルキールセミナーレポート(その1)
バートン・マルキールセミナーレポート(その2)
バートン・マルキールセミナーレポート(その3)

3回にわたって、当時のリーマンショック時のマルキール氏の貴重な発言が文章に起こされています。(今更ながら水瀬さんお疲れ様でした^^;)


そんなことがつい最近あった矢先、アラートにこんなものが引っ掛かってきてビックリ!たぶんこの公演の前後でしょうが、モーニングスターの朝倉社長(@tomoyaasakura)とマルキール氏が対談しているYouTubeです。


多くのインデックス投資の牽引者の方々は既に目を通しているものかと思いますが、とても新鮮で貴重な映像です。まだ見てなかった人は以下で視聴してみて下さい。



バートン・マルキール1


バートン・マルキール2


バートン・マルキール3


バートン・マルキール4


バートン・マルキール5


ものすごく参考になったぞ!!!

人気ブログランキングへ
ブログランキングに挑戦中!何かのお役に立てましたら「かえる」をポチっとお願いします。
無料レンタル
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

こんばんは

私もマルキールの来日公演は申込んだのですが、抽選でハズレてしまったんですよ~
是非、生でお話を聞きたかった。
(こちらのブログからもリンク貼らせて頂きました。今後とも宜しくお願いします)

分散投資は重要

公開同時に見ましたよ。こういうマルキールさんの言葉には勇気づけられますよね。

>じゅん@さん

抽選に外れてしまった時はものすごく残念だったでしょうね^^;
やっぱりライブが一番ですから。
(相互リンクありがとうございます!こちらこそ今後ともよろしくお願いします)


>kenzさん

やはり見てらっしゃいましたか!
勇気づけられますよね。
著書に書いてある内容をあえてご本人の口から聞くと、やっぱり違います。
プロフィール

じろらも

Author:じろらも
老後資金を考え、インデックス投資で長期分散投資をしています。

■練馬区に住む40代半ばの既婚者
【趣味】波乗り
【タイプ】ロングボード
【目標】海の近くで老後を楽しむこと
【愛読誌】NALU

■メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2010年 第118号
暮らし・資産づくり
「投資にツイッター」

日経ヴェリタス 2010年6月13日号


■投資との向き合い方
波乗りをしている間にも、私が投資したお金達は日本はもちろん、どこか知らない国や企業でせっせと働いています。

仕事や趣味を大切にしたい私にとって、時間に拘束されることもなく、また感情にも左右されず、毎月淡々と機械的に積み立ててくれるインデックス投資は正に最適です。

しかも投資したお金達が、国境を問わず世界中のさまざまな企業の生産活動に貢献していると考えると何だかワクワクしますよね!

長期で運用することによる複利効果と、ドルコスト平均法によるリスクの分散もできるとあって、私のスタイルに合っているストレスフリーな投資方法だと思っています。

老後に向かって今を楽しみましょう!
今週末もLet's Surf!

世界のマーケット
月間アクセスランキング
リンク
以下のリンクブログを参考に日々勉強させて頂いております。いつもありがとうございます。---(点線)---以上が相互リンクさせて頂いているブログ。---(点線)---以下が非相互リンクブログです。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
金魚と市況

株価ミニチャートのブログパーツ
おすすめネット証券
インデックス投資はやっぱりネットが便利!

SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
セゾン投信

Twitter
来訪者
メールフォーム
管理人への連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: