Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月18日 (金) | Edit |
QUICK MoneyLifeに連載されております 『東証ETF活用プロジェクト [ ETFを活用した分散投資・ポートフォリオ投資術 ] 』の第3回です。【第3回】ETFの「価格変動リスク」

第1回第2回と紹介しておりましたので、第3回目も取り上げてみたいと思います。

第1回、第2回と比較的初心者でも理解しやすい簡単な記事が続いていたのですが、今回の第3回はその流れからすると、ちょっと意識して注意深く読み進める必要がある記事となっていました^^




注意深くと言いましても、まだまだ投資を始めたばかりで金融の用語にも慣れていないという方々にとっては、ちょっと難しいかもしれませんが、、投資経験者である程度勉強されている方にとっては、見やすいグラフがふんだんに活用されていて、詳細の復習として、または知識の刷り込みとしてとても参考となる記事だったかと思います。


簡単に言ってしまえば、価格変動リスクを標準偏差をもちいて説明するという内容ですが、面白いのが68のETFを標準偏差(価格変動リスク) 表にまとめ、計測期間を22カ月、8年、12か月で比較しております。ETF(商品)や測定する期間によってももちろん違うのでしょうが、標準偏差(価格変動リスク)が13.9%~59.5%と大きく開きがあるのが表によってわかります。


イボットソンの小松原さんは、『「価格変動リスク」の相対的な水準は、計測期間によらず何かが影響を及ぼしているようだ』として次回に繋げ出ています。


運用会社の違いかな?


次回が楽しみです^^



こちらもぜひ
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー 【国内上場ETFのリスク一覧


人気ブログランキングへ
ブログランキングに挑戦中!何かのお役に立てましたら「かえる」をポチっとお願いします。
無料レンタル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。