Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月22日 (火) | Edit |
以前から行動経済学には関心があり、いつか機会があれば学んでみたいなぁと思っておりましたが、先日書店で陳列されていたこの本が目に入ってきました。「お!入門かぁ」と思いつつ書籍を手に取り1ページ目をめくると、なんとバートン・マルキールの紹介コメントが目に飛び込んできました。

宝石箱のようなこの本は、ウィットと洞察力を駆使して経済行動にまつわる多くの謎を解き明かしてくれる。均整のとれた経済知識を欲する人なら誰もが楽しめる本である。

セイラー教授の行動経済学入門セイラー教授の行動経済学入門
(2007/10/27)
リチャード・セイラー

商品詳細を見る

ドキドキ♪

更にページをめくると、『刊行によせて - すぐれた意思決定のトレーニングに』 として山崎元氏(@yamagenn_jp)が本書の紹介分を書いておりましたので、BUY NOW!と即断で購入致しました。



伝統的な経済学が前提とする、「自己利益の最大化」のために「最も合理的な」選択をするという人間行動の原則は、現実を反映したものではないとして、この本では、経済理論では説明のつかない身近な市場の矛盾や、例外とする経済現象にスポットを当て、心理学と融合した新しい経済学のアプローチを示した内容となっています。

第1章 経済理論と「例外」
合理的行動モデルはどこまで正しいか
第2章 協調戦略
人はいつどんな理由から協力するようになるか
第3章 最終提案ゲーム
「不公平なら断ってしまえ」という意思
第4章 産業間賃金格差
同じ職種なのになぜ給料に差が出るのか
第5章 オークション
商社は「敗者」となる呪いをかけられている
第6章 損失回避
手放すものは得るものより価値がある
第7章 選好の逆転現象
専攻の順位付けはプロセスのなかで構築される
第8章 期間選択
金利と割引率についての損得勘定
第9章 心理会計
貯蓄と消費は人間的に行なわれる
第10章 ギャンブル市場
競馬と宝クジにみる「市場の効率性と合理性」
第11章 株価予測(1)
株式市場のカレンダー効果
第12章 株価予測(2)
株価は平均値に回帰する
第13章 投資家感情仮説
クローズド・エンド型ファンドの不思議
第14章 外国為替市場
金利差と為替レートの謎
エピローグ
行動経済学が描く新しいパラダイム


この本は、1998年に刊行された『市場と感情の経済学』の改題新版で、前回の発行時点ではなじみの薄いものであり、学問としてもフロンティアという位置づけにあったようです。その後、2002年の同分野のノーベル経済学賞受賞や実社会での実践例も増えてきて認知が進むようになったとのことです。

「理論的にはそうだが、現実は違う」という理論が現実から乖離していることを「例外」として焦点を当てることで、理論的人間行動に、心理学的なアプローチを加えることで「現実は違う」と感じているズレの部分の紐解く内容となっています。私のようなまったくの素人でも注意深く読み進めることで理解できる内容となっていますのでおススメです。

人間が非合理的な行動を繰り返してしまうカギが記されているかと思いますので、ご興味のある方は読まれてみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ
ブログランキングに挑戦中!何かのお役に立てましたら「かえる」をポチっとお願いします。
無料レンタル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
興味あり
ツイッターでhinoさんがプッシュしてたので気にはなっていました。
機会を作って読んでみたいと思います。
2010/06/23(Wed) 22:46 | URL  | 水瀬 ケンイチ #JalddpaA[ 編集]
>水瀬ケンイチさん

非常に興味深い内容です。
ぜひ機会がありましたら読んでみて下さい^^
2010/06/24(Thu) 23:02 | URL  | じろらも #-[ 編集]
hinoさん一押し=バイアスの話しw 間違いないw
2010/06/27(Sun) 08:11 | URL  | 虫とり小僧 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。