Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年07月12日 (月) | Edit |
先日参加した、楽天証券主催・ブラックロック証券協賛のブロガー向けセミナーに参加した折に頂戴した、『ETF投資戦略(ラス・ケステリッチ著)』 を読みました。


ETF投資戦略 最強のリスク&リターン・バランスを実現するETF投資戦略 最強のリスク&リターン・バランスを実現する
(2009/11/05)
ラス・ケステリッチ

商品詳細を見る



ハードカバーで日経BP社から2009年の11月に出たもののようです。



全9章で構成され、投資を始めている人にとってETFを学ぶ、あるいは理解を深めるという意味でとても勉強になる内容となっています。


第一部 課題
第1章 現実的なリターン

第2章 洗練された投資手法の導入

第3章 アルファとベータ:リスクとスキルの分離


第2部 ソリューション
第4章 ETFの紹介

第5章 株式指数連動型ETF:セクター、国、投資スタイル

第6章 債券指数連動型ファンド

第7章 コモディティ・ファンド

第8章 ETFとオルタナティブ投資

第9章 ETFの高度な投資手法



上記内容で構成されており、それぞれの章でそれぞれの詳細説明がされておりますが、著者が本書で言いたいことは分散投資と投資コストの抑制に集約されるのではないかなと思います。


ただ、ETFをなんとなく知っているけど、もう少し詳しく学びたいという人にはもってこいの内容です。例えば、超初心者のわたくし的には、

1.オープンエンド型ミューチュアル・ファンド
2.上場ユニット・インヴェストメント・トラスト
3.上場グランター・トラスト


これらのタイプをひっくるめて一般的にETFと呼ばれているとのことをはじめて知りましたし、その詳細な違いや構造も分り易く書いてあります。


「ほほう、なるほど!」 が結構多いですよ!


インデックス投資の牽引者レベルの方々であれば、「そんなの知ってる」的な内容かもしれませんが、私ぐらいの投信の積立をはじめて2,3年。これから投信をETFなどへリレーをなどと考えている人にとって、ETFの基本と構造を学ぶには目を通しておいてもよい本かと思います。わたくし的には非常に目から鱗な良書でした。


楽天証券さんありがとうございました!


楽天証券の口座開設はこちら → 楽天証券

人気ブログランキングへ
ブログランキングに挑戦中!何かのお役に立てましたら 「金魚」 をポチっとお願いします。
無料レンタル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。