Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年08月14日 (土) | Edit |
突然、職を失ってからかれこれ月日がたちまして、現在新しい会社でなんとか新しいスタートを切っております。(みなさまその節は暖かいコメントをたくさん頂きありがとうございました)

そこでさっそくひとつ問題が起こりました。・・・そうなんです。企業型確定拠出年金がないのです(T_T)

いままで個人型確定拠出年金を積み立てておりましたが、今回入った会社が「確定給付企業年金」ということで、ポータブルができないのです。

う~ん、ある意味このご時世で確定給付企業年金をやっていることがすごいことではありますが、個人的にはまったく嬉しくありません。むしろ早くそんなものは止めにして、企業型確定拠出年金にしてもらいたいものです。

まぁ、そんな状況ですから、新しい会社へ入社した時点で個人型確定拠出年金への拠出は出来なくなってしまいました。じゃあ、いままで拠出してきたものはどうなるの?ということですが、拠出をすることは出来ないのですが、そのまま拠出した金額を運用者として運用し続けることは可能とのことです。

しかし・・・、口座管理手数料とうものが毎月のように発生してしまいます。私はいろいろなブロガー情報を参考として琉球銀行で個人型確定拠出年金を行なっていましたが、琉球銀行の口座管理手数料が539円/月。今回からは買い付けの手数料が払わなくてもよいということで 539円/月 → 439円/月 になるということですが、まったくもって意味がありません。

この毎月かかるバカ高い口座管理手数料は、「野村DC外国株式インデックスファンド」の信託報酬料の安さ(個人型の外国株式)と、時間軸の長さによる複利効果によって吸収されるものであって、拠出が止まった時点で解約という選択肢しか残されていないのです。

更に、解約時には脱退手数料として367円が徴収され、また更に追い討ちをかけるように、いまは下げ相場ですから「泣きっ面に蜂」なわけです。。。


私にとって、「この個人型確定拠出年金ってなんだったんだろう?」と思わざるをえません。


401kはポータブルが出来るというメリットを打ち出していたわけですが、働く会社にその制度がない場合、何の役にも立ちません。JALの一件もあったわけですし、わかっている人は企業年金といって給与天引きで強制的に徴収され、潰れたり減額されてしまうことを一番恐れているわけです。しかも大した利息もつかないわけですから、そのお金を自分自身でリスクをとって運用したいわけです。

自分で選んだ会社ですから文句も言えませんが、401kの導入要望書を出しまくって何とか導入にこぎつけ、投資家の裾野を広げる一約を担いたいものです。

人気ブログランキングへ
ブログランキングに挑戦中!何かのお役に立てましたら 「金魚」 をポチっとお願いします。
無料レンタル
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そのまま個人型410Kで運用できるという触れ込みでもそのまで手数料が高いと現実的ではありませんね。
ポータビリティがメリットのはずなのに。。
2010/08/14(Sat) 16:50 | URL  | kenz #Ji2jG83Y[ 編集]
カメルーンのDFというよりも・・・
北朝鮮のDFだったようですね(汗)。ボールウォッチャー→特別法人税だけに目が行く様子だったんで、ほかのことや、周りが見えてなくて心配していたんです。「第4回目買付」のコメント欄に書き込んだ第一番目のクリア事項。「勤務先企業に個人型401Kの加入資格ありますか?」が問題だったようですね。悪い予感が的中してしまい申し訳ない(汗)。

まあ、慰めになるか判らないが、最後の悪あがきを?転職先の会社、確定給付年金以外に例えば、適格退職年金なんかも併用していませんか?これなんか、あと1、2年で廃止。企業型401Kに切り替える会社も最近、多いです。その他、企業それぞれ、事情がありますが・・・(↓)。
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/401.htm
社労士(年金のエキスパート)さんのHP、上から20~30行目あたりに(抜粋)、
確定給付企業年金(太字)・・・・・
年金財政の悪化を受け 企業側の負担が限定的な確定拠出年金に移行する傾向

7 改正法 2005年10月・・・・・
確定給付型や厚生年金基金連合会から確定拠出年金への資産移管は可能です 逆の移管はできない

何が言いたいかというと、確定給付年金を企業型401Kへ移管する企業もあるということです。JAL、松下電器等で起きた事例。勤務先企業が利回りを保証するタイプの年金(確定給付年金等)は昨今、運用悪化が相次ぎ企業側がギブアップして退職者の年金受給額、減額に追い込まれることもあり、ある意味、責任逃れで確定給付年金→企業型401Kへ移管の”芽”もある?つまりジロラモさんの場合も、可能性は低いですが、0%ではないということです。最終”確認”事項は、総務・人事部へ、

「年金運用悪化で確定給付年金とか適格退職年金とかを企業型401Kへ制度移管する予定は、近々、ありませんか?」

と聞いてみることでしょうね。因みに小生、以前、勤めていた会社は確定給付年金と企業型401Kが50:50、併用タイプでした。今は早期リタイアして、個人型401Kへ移管しましたが。会社ごとに、いろんなパターンがあるみたいです。

纏めると取敢えず聞くだけ聞いてみる!聞くだけならタダです(笑)。もし、”YES”だったら、さらに”ドラマ”は続きます。企業型401Kが新たに採用されるにしても、企業の年金担当者が無知だと”悪夢”が起こる可能性があるからです(↓)。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1065.html

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1061.html

そのときは、”策”がありますのでご相談があれば教えますよ。

>kenzさんへ
>手数料が高いと現実的ではありませんね。
個人型401Kで”最高にメリット”がある人達は、医者、弁護士、ベンチャー社長等々の高給取り、自営業者の人達です。課税所得600~1000万円とかは所得税、住民税、併せて税率30%とか40%ですよね?しかも、この人達は最大、年間81.6万円まで掛金拠出でき、全額所得控除できます。どうなるか?

80万円×30~40%=24~32万円

税金が減らせます。SBIやスルガ銀の年間、2千円だろうが琉球銀他、年間6千円の管理手数料だろうが、これだけ所得控除の恩典があると、旨みがあるわけです。しかも、年間80万円も拠出できると直ぐに残高500万円程度は超えてきます。口座管理手数料(2千~6千円程度)÷残高(5百万円とか)は0.1%程度前後OR以下/年です。

企業型401Kでは掛金が今のところ、会社によりけり、年齢によりけりですが、1~3万円程度/月が多いと思います。なぜか?自営業者は基本、1階建て部分の国民年金が主体で年金額が少ないから、自力で沢山、年金用意しなさいね、という意味があります。会社員は厚生年金があり恵まれているから、401Kの恩恵は少なめよという意味合いです。

因みに私が勤めていた会社の企業型401Kでは年間口座管理料4千円程度?は会社が支払っていました。kenzさんの会社も同じだと思います。但し、これは考えようですね。30年くらい前のように、右肩上がりの時代は401Kなんて制度、必要なかった。本来、企業側は401K口座管理料なんて支払う必要もなかった。今は必要。そのぶん、給料が減った、或いはこんな制度が必要無かったら年間口座管理料のぶん、給料が年間、4千円程度は増えていたのかも???と考えられますかね?
2010/08/15(Sun) 03:24 | URL  | Werder Bremen #-[ 編集]
補足
もう少し判り易い資料がありました(↓)。このHP、下のほうを抜粋。
http://www.mizuho-tb.co.jp/corporate/nenkin/kakutei_kyufu.html
年金制度間の移行(太字)
3.確定拠出年金への移行(太字)
厚生年金基金、確定給付企業年金、適格退職年金のいずれの年金制度も確定拠出年金への移行が可能です。

それともし、個人型401Kが武運拙く、終了した場合でも注意事項は・・・。そう、「4回目の買付」でコメント欄に書いた特別法人税の”課税対象・範囲”は401Kのみならず、ジロラモさんが今の会社で加入している、

確定給付年金

他企業年金も・・・orz。この税金、ホント、悪税(笑)。投資なんか関係ない。特別法人税なんて401Kに固有の問題と考えていると、実は”飛び火”して・・・会社員の老後が崩壊してしまう・・・。

いずれにしても幸運を祈る!GOOD LUCK!
2010/08/15(Sun) 17:58 | URL  | Werder Bremen #-[ 編集]
>Werder Bremen さん

いろいろと詳しい情報をありがとうございました。
とても勉強になりました^^

とりあえず年金を扱っている部署に直接乗り込んでみました。
個人型確定拠出年金脱退にともなう書類などを作成してもらいつつ雑談も絡め、401k導入有無をさりげなく聞いてみたところ、「まだオフレコですが・・」と、導入予定があることを聞きだせました。
導入時期はまだわかりませんがとりあえず良かったです。
とはいっても今回の個人型の拠出金は強制的に大損となりましたが・・・(苦笑)
2010/08/21(Sat) 12:31 | URL  | じろらも #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
個人型確定拠出年金から脱退するには?加入資格を喪失、では不十分。「拠出期間三年以下、または年金資産額五十万円以下」という条件がある...
2010/09/01(Wed) 09:40:54 |  自分年金の作り方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。