FC2ブログ

老後を試算してみる②

昨日は『ねんきん定期便』から自分がもらえるであろう年金額を算出しました。


そして、ゆとりある老後を過ごすために必要な金額38万円/月に17万円/月足りなり事を認識ました。
80歳まで生きると仮定すると▲3060万円の不足でした。


そして、足りない部分はどうするか?ということなんですが・・・


そうですね、やはり給料を上げていくか、または自己責任において運用していくしか方法はありません。


いまの預金金利はスズメの涙もないくらいの0・05%。(これを見るとなんだか絶望を感じますね。)


例えば、毎月8万円も老後に貯蓄するのは私的には無理ですので、とりあえずその半分の4万円で考えてみたいと思います。


4万円を毎月貯金した場合、65歳までに私は30年あります。
40,000円 × 12か月 × 30年 = 1440万円
0.05%の30年複利を考えてもおよそ+11万の1450万円です。
例えば定期預金を毎年0.8%、仮に多めに見積もって1%の30年複利で考えてもおよそ1680万円です。

・・・まったく足りません。




そうなるとやっぱり運用を考えるしかないですよね。



もう足りない部分はお金に働いてもらうしかありません。

高度成長のころは預金金利6%といった夢のような時代もありましたが、現実は0.05%です。
でも株式市場に目を向けてみますと、オイルショックや土地バブル、ITバブルにリーマンショックと数々の乱高下を繰り返しながらも、世界経済は常に4%成長を続けているんです。

つまり、長期的に世界経済に連動するインデックスファンドを長期的に買い付けながら保有し続けることによって、リスクを取りながらも預金預金では補えない老後の不足金を賄える可能性が高いという事です。

ちなみに・・・


同じ4万円を30年間4%複利で運用した場合
1450万円はおよそ+1350万円の2800万円となります。
もう少し頑張って、毎月44,000円の投資が出来れば、
44,000円 × 12か月 × 30年 = 1584万円
44,000円を4%の30年複利で考えればおよそ+1496万円の3080万円と不足分が賄えます。


これぞまさに複利効果の妙味。


毎月自動的に財形貯蓄のように市場に投資するだけで、お金は私が手をつけずとも一生懸命に働いて成長してくれます。そうなれば、もちろん本業の仕事にも集中できますし、スキルアップや趣味にもしっかり時間を割いて現在を楽しむこともできます。


もちろんリスク許容度は必要ですが、個別株式を日々株価とにらめっこをして大量の時間とストレスをかけて行なう投資を考えればとても効率的で楽チンです。


日本人は農耕民族ですから、ゆっくりゆっくりがいいんです。欧米の狩猟民族のように瞬発力を持って日々の上がった下がったで売買を繰り返す投資は不向きです。


私は農耕民族らしく、ゆっくり資産を育てていければいいなぁと思っています。



人気ブログランキングへ ← 何かの参考となりましたら雪兎をやさしくポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

じろらも

Author:じろらも
老後資金を考え、インデックス投資で長期分散投資をしています。

■練馬区に住む40代半ばの既婚者
【趣味】波乗り
【タイプ】ロングボード
【目標】海の近くで老後を楽しむこと
【愛読誌】NALU

■メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2010年 第118号
暮らし・資産づくり
「投資にツイッター」

日経ヴェリタス 2010年6月13日号


■投資との向き合い方
波乗りをしている間にも、私が投資したお金達は日本はもちろん、どこか知らない国や企業でせっせと働いています。

仕事や趣味を大切にしたい私にとって、時間に拘束されることもなく、また感情にも左右されず、毎月淡々と機械的に積み立ててくれるインデックス投資は正に最適です。

しかも投資したお金達が、国境を問わず世界中のさまざまな企業の生産活動に貢献していると考えると何だかワクワクしますよね!

長期で運用することによる複利効果と、ドルコスト平均法によるリスクの分散もできるとあって、私のスタイルに合っているストレスフリーな投資方法だと思っています。

老後に向かって今を楽しみましょう!
今週末もLet's Surf!

世界のマーケット
月間アクセスランキング
リンク
以下のリンクブログを参考に日々勉強させて頂いております。いつもありがとうございます。---(点線)---以上が相互リンクさせて頂いているブログ。---(点線)---以下が非相互リンクブログです。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
金魚と市況

株価ミニチャートのブログパーツ
おすすめネット証券
インデックス投資はやっぱりネットが便利!

SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
セゾン投信

Twitter
来訪者
メールフォーム
管理人への連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: