Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月27日 (日) | Edit |
CMAMインデックスeシリーズの運用報告書が出たようですね。

CMAM外国株式・外国債券インデックスeの「隠れコスト」はごく低廉

⇒【梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)】
CMAMインデックスeはもっともっと評価されるべき 
⇒【インデックス投資日記@川崎】
CMAM外国株式・債券インデックスe 第1期運用報告書UP
⇒【投信で手堅くlay-up!】

多くのブロガーの方々がCMAMの運用報告書についてエントリーされてますね。
私もCMAMホルダーでありますので、やはり隠れコストは気になるところです。




私はCMAMインデックスeシリーズでは「日本債券」を除く「日本株式」「外国株式」「外国債券」それぞれに毎月分散投資をしております。(参考記事:アロケーションを確認してみました) ほぼ理想の配分率で推移しておりまして、現在も最初に決めた額を毎月機械的に買い付けております。

今回の運用報告書に関する反応は、他のブロガーさんの記事にざっと目を通しても、長期投資家が満足する優秀な結果であったことが伺えます。


<外国株式>
CMAM外国株式インデックスe 運用報告書
aa_20110227130244.jpg
☆信託報酬=期中の平均基準価額×信託報酬率

ベンチマーク(MSCIコクサイ指数)との乖離は0.1%と優秀です。(乖離要因は信託報酬と為替評価要因)
・信託報酬 39円(年率0.525%)
・保管費用等【隠れコスト】 4円(年率約0.054%)
・実質コスト 43円(年率約0.579%)


当然のことながら分配金は出していませんね。


<外国債券>
CMAM外国債券インデックスe 運用報告書
bb.jpg
☆信託報酬=期中の平均基準価額×信託報酬率

ベンチマーク(シティグループ世界国債インデックス)との乖離は0.6%とこちらもまた優秀です。(乖離要因は信託報酬と為替評価要因)
・信託報酬 41円(年率0.525%)
・保管費用等【隠れコスト】 3円(年率約0.038%)
・実質コスト 44円(年率約0.563%)


こちらも分配金は出していませんね。



CMAMは極めて地味に販売されておりますが、マザーファンドの規模が大きくしっかりしている分、良い成績がでたようですね。シビアに見極める『隠れコスト』が低く抑えられ、投資家の期待に応える結果となったことは実に喜ばしいことです^^
CMAMへは今後も引き続き投資を継続したいと思います。

人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます。
CMAMシリーズは予想よりコストが抑えられていて一安心でした。今後も購入ファンド主力として投資を継続して行けますね。

#じゅん@さんの記事リンク先がnot foundになります。
2011/02/27(Sun) 15:50 | URL  | kenz #Ji2jG83Y[ 編集]
>kenzさん

今回のCMAMの結果を受け、他ファンドから乗り換えを検討する投資家も増えることが考えられますね。
少ない資産規模での食い合い。。ただただ、インデックス投資家の絶対数が増えることを願うばかりです。

リンク先不具合の件、解決しました。ご指摘ありがとうございました。

2011/02/27(Sun) 22:48 | URL  | じろらも #-[ 編集]
インデックスファンドの厳しい道のり
こんにちは。
個人的には、リテール向けのインデックスファンドの信託報酬が、「これが限界」というレベル(例えばETF並み or DCファンド並み等)まで下がるまでは、値下げ合戦とある程度の客の食い合いは仕方がないと思っています。
ただ、値下げ合戦を通じて、インデックスファンドを購入する層は増えていくと思います。
そして最初に限界レベルまでコスト低減した運用会社が、増えた客層の大部分のシェアを押さえてしまうようになるのではないかと予想しています。
2011/02/28(Mon) 21:15 | URL  | 水瀬 ケンイチ #JalddpaA[ 編集]
久しぶりにウーパールーパーがいた!!
営業マンとしての圧倒的な実力を活かしつつ本業で稼ぎまくりのじろらもさんでさえ、きちんとファンドのコストに注意を払っている姿勢は素晴らしいと思います!
僕も見習いたいです!
2011/02/28(Mon) 22:16 | URL  | 虫とり小僧 #YHpFg9Og[ 編集]
>水瀬 ケンイチさん

こんばんは!
なるほど。ETFやDCファンドのコスト水準を考えるとまだまだ割高なのは否めない事実ですね。
確かに、各社の限界に迫る企業努力が投資家の流入、そして今後のシェアを左右するという考えはとてもシンプルなのかもしれません。
個人的にも早くバンガードのようなファンドが日本でも育つことを願っておりますが、現実問題、昨今の活字を追うと分配金重視のファンドが相変わらずの人気とのことですから、もうちょっとだけ時間がかかりそうですかね^^;


>虫とり小僧さん

投資哲学、切れる頭脳、幅広いご人脈、そして何より他を圧倒する迫力、見習うべきことが多いのは私の方です^^投資家にとって『コストが最大の敵』ともいわれますが、余計な出費を抑えることが、金利を上回る大きなリターンとも考えることが出来ますよね。
2011/03/01(Tue) 02:30 | URL  | じろらも #-[ 編集]
お疲れ様です。じろらもさんも草快塾にきてくださいよ~♪

というか、CMAMは僕も海外株式インデックスと国内債券インデックスを持っています。いい働き、いいこすとだと思います。
2011/03/06(Sun) 16:32 | URL  | 矢向 #Ji7woxQg[ 編集]
>矢向さん

コメントありがとうございます。
やはりCMAMは現状で一番良いインデックスファンドではないかと思います。

草快塾は・・・考えときます^^;
2011/03/15(Tue) 23:11 | URL  | じろらも #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
#本日2つ目の記事です。 CMAMインデックスeシリーズの初の運用報告書が出揃いました。 CMAM外国株式インデックスe運用報告書(第1期) CMAM外国債券インデックスe運用報告書(第1期) CMAM日本株式インデックスe運用報告書(第1期) CMAM日本債券インデックスe?...
2011/02/27(Sun) 23:01:27 |  インデックス投資日記@川崎

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。