FC2ブログ

一緒に日本を引っ張ろう

私が以前、突然職を失い新しい仕事に就いた時に大学時代に同じ部活に所属していた同期から言われた言葉です。この時私はもの凄く衝撃を受けたことを今でも覚えています。一端のサラリーマンでしたら「自分の為、家族の為」と目先の事であったり、その将来の事であったりと多くの視点はそこに集約されるわけですが、彼はこう言ってのけたのです。

「一緒に日本を引っ張ろう!」

・・・なかなか言える言葉ではありませんよね。 


彼は渦中の会社の人間です。地震が起こるまでは海外輸出する原子力発電のインフラ事業に情熱を燃やしていました。そんな彼からこう言った発言が出てくるのもなんとなくわかる気もします。

そして土曜夜、T自動車に勤める先輩とその同期と3人で食事をしました。

世の中、賛否両論あるのはわかります。今回起こってしまった問題は、起こるべくして起こったものであることは間違いないでしょう。そしていまも状況は改善されていないのが現状ですから、世間から批難されてしまうのはごもっともなわけです。しかしながら、社員の住む家や家族・子供にまで危害がおよんでいることは悲しい現実だと思いました。


T電力はおそらく事が収まれば、役員の一斉入れ替えが行なわれるでしょうし、不動産などの資産はほとんどありませんが、なけなしの資産を売却して被害のあった福島の方々に慰謝料を払うでしょうし、事業自体も縮小していくでしょう。

今後、予想されることは整理会社が作られ、電力事業とは別にしてしまうことは間違いないと思います。それから電力料金も上がるでしょう。原子力の新規開発は中止され、向こう数十年は電力売上げの全てを福島の保証にあてるだけの会社になることが考えられます。株式会社としての成長は見込めませんが、潰れることはありません。


世の中の声で安易に「早く潰れてしまえばいいのに」という無責任な声も聞こえてきますが、今回の一件はJALのそれとはまったく意味合いが違います。エネルギー事業は国家の基幹産業であり国力の一つな訳ですから、決して潰す事はできないのです。また、金融の分野においてもエネルギー銘柄というのは、個人投資家が資産として保有している割合が高いものでもありますし、株式でも債券でもすべての金融商品の基準となるものでもあるわけです。ですから「潰す」ということは決してあってはならないのです。


日本は高度成長を遂げて以来、様々な国々に金融援助を行なってきましたが、今回の一件で各国から多くの義援金が寄せられています。ありがたいことですね。しかし、各国政府が日本政府の対応の遅さにしびれを切らしているのも事実です。金融関係者によると、どさくさに紛れて中国あたりが極端に安くなったT電株をしたたかに狙っているという話も耳にしているとの事。まぁ、他国にエネルギーを握られてしまえば国家存亡の危機でもありますから、そこは規制を掛けるとは思いますが。。

ともあれ、電力が無ければ東北復興も出来ないわけですし、T自動車を含む日本の産業も安定供給された電力が無いと、競争力を失ってしまいます。そうなればどんどん工場を国外に出さざるを得なくなり、失業者も増え、負の連鎖で国力が低下していってしまいます。難しい局面ですね。


「一緒に日本を引っ張ろう」


私もあの言葉以来、視野を大きくすることに努めました。すると意外なことにいままで影響のあった小さなことに惑わされることもなくなりました。今後も私は『チーム日本』の一人として、国力を上げるための人的投資を引き続き行なっていければと思っています。(もちろん経済復興の為に金融投資も引き続きおこないます)


人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

じろらも

Author:じろらも
老後資金を考え、インデックス投資で長期分散投資をしています。

■練馬区に住む40代半ばの既婚者
【趣味】波乗り
【タイプ】ロングボード
【目標】海の近くで老後を楽しむこと
【愛読誌】NALU

■メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2010年 第118号
暮らし・資産づくり
「投資にツイッター」

日経ヴェリタス 2010年6月13日号


■投資との向き合い方
波乗りをしている間にも、私が投資したお金達は日本はもちろん、どこか知らない国や企業でせっせと働いています。

仕事や趣味を大切にしたい私にとって、時間に拘束されることもなく、また感情にも左右されず、毎月淡々と機械的に積み立ててくれるインデックス投資は正に最適です。

しかも投資したお金達が、国境を問わず世界中のさまざまな企業の生産活動に貢献していると考えると何だかワクワクしますよね!

長期で運用することによる複利効果と、ドルコスト平均法によるリスクの分散もできるとあって、私のスタイルに合っているストレスフリーな投資方法だと思っています。

老後に向かって今を楽しみましょう!
今週末もLet's Surf!

世界のマーケット
月間アクセスランキング
リンク
以下のリンクブログを参考に日々勉強させて頂いております。いつもありがとうございます。---(点線)---以上が相互リンクさせて頂いているブログ。---(点線)---以下が非相互リンクブログです。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
金魚と市況

株価ミニチャートのブログパーツ
おすすめネット証券
インデックス投資はやっぱりネットが便利!

SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
セゾン投信

Twitter
来訪者
メールフォーム
管理人への連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: