Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
2011年07月31日 (日) | Edit |
ずいぶんと前になりますが、アマゾンで複数の本を購入した中にあったモーニングスター朝倉さんの著書。実は長らく紛失しておりまして、最近「確かに買ったはずなんだけどなぁ」と探しましたところ、ありました。車の椅子の下に・・・^^;


30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
(2011/05/20)
朝倉智也

商品詳細を見る


早く読まなきゃなぁと思いつつ読めていなかった本ですから、発見された直後、内容もシンプルということもありましてサクッと読んでしまいました。


内容はといえば、朝倉さんの提案するポートフォリオに沿う形で、モーニングスター社のWeb機能を活用する方法を伝える書といったところでしょうか。

朝倉さんのセミナーや対談時の話口調を聞いている方はご存知かとは思いますが、非常に丁寧で聞き取りやすい話し方をされる方で聞いていても気持ちがよいのですが、文章もそのままに、わかりやすい表現で書かれており理解しやすかったです。

私が興味深かったのは、やはり朝倉さんの提案するポートフォリオでしょうか。既に読まれた方々も「そうきたか」と思う方も多かったのではないでしょうか。




円資産は確か給料の6ヶ月分のみで、後の資産は上記配分を提唱されています。アセットクラスに日本株式と日本債券が入っていないことと、金が大々的に組み込まれているのが特徴的です。

特に金に関しては第3回インデックス投資ナイトにて内藤忍さんがポートフォリオにコモディティーを入れていたことに会場のざわめきを誘いましたが、朝倉さんは更に比率10%と大胆な提案をされているところが興味深いところです。

また新興国債券に関して、以前私が保有していたバランスファンドを解約する理由の一部としたのがこの新興国債券の存在です。まぁ、当時は大分投資にも慣れてきたので、自分でポートフォリオを組んでいきたいという願望もあるにはありましたが、やはり新興国債券の存在はリスクに対するリターンを考えるとどうしても外したいアセットでした。

「未来のことは誰にもわからない」という基本的考えの元、過去のデータ分析からそれぞれのアセットクラスのリスクを割り出し、またそのリターンを割り出すことで現在のアセットアロケーションを組んできた、つまり過去に沿って現在のインデックス配分が組まれてきていると考えますが、その中に現在の市場情勢と未来の予測値を織り込んでポートフォリオを組むという考え方は、ある意味パッシブ投資(長期投資)の基本の中において斬新な提案です。

日本のアセットを外し、新興国の株式・債券を積極的に組み込む考え方、私もいろいろと思うところがありますが、皆さんがどう思っているのか興味がわきます。ちなみに、投資仲間の『虫とり小僧』さんからお誘いを受け、8月の【コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ】に参加する予定にしています。皆さんどんな意見をお持ちなのか個人的に聞いてみたいなぁと思っています。

人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック