Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月17日 (水) | Edit |
8月5日、米格付け会社のスタンダード&プアーズ(S&P)より、米国国債の格付けが「AAA」から「AAプラス」に1段階格下げになったとの発表を受け、市場は大きく反応したようですね。なんでも格付けが始まって以来はじめての事態だとか。

しかし政治的混迷・・・まだまだ続きそうですね。。ユーロ市場しかり米国市場しかり、リーマンショックの火消しにジャブジャブの資金を注ぎ込んだ余波もあり、先進諸国の成長力と借金返済力とという信用力に大きな疑問が浮上した訳ですが、地盤がとても緩く市場も不安定なこの事態に、政治がどのように介入し、政策を打ち出し牽引できるのか、正にいま政治のリーダーシップに注目が集まる状況です。


残念ながら、日本はその中でもっとも方向性が定まらない国という印象を国内外で受けています。もっと、目先の国民受けするパフォーマンスを交えた政策を行うばかりでなく、永続的な日本の成長と国民の生活基盤を守る仕組み作りを抜本的に行ってほしいものです。

そういった意味では、いま政府が進めている『社会保障・税一体改革』はようやくといっても過言ではない極めて重要な改革案であり、われわれ国民が政治家がおかしな利権に走らないよう目を光らせ、声を上げて格子を作り上げさせなければなりません。

昔作られた法律と仕組みで現在も日本は動いている訳ですが、例えば年金などは少子化が進んで既に機能が十分ではないことは誰もが承知しているところ。過去に払い込んだお金がプールされている訳ではなく、現役世代が払い込んだ厚生年金がそのまま今の年金受給者に当てられている構図なわけです。

先日、あるご夫婦とゴルフを一緒しました。お二方とも年金暮らしで趣味はゴルフです。その折、「年間2人でどれぐらい行かれるのですか?」との私の問いに「最低でも週2回は行くから100回以上だね。」との返答。ご夫婦での共通の趣味で老後を楽しまれていることに微笑ましく思った反面、ただちょっとだけ複雑な思いにもなってしまいました。

まぁ、われわれが40年後に月に10回もゴルフに行けるほどの年金などもらえないことは計算上分かっている訳ですが、この世代間の不公平さをなんとかしないことには、いくら我慢強いといわれる日本人でも、若い世代は黙っていません。ですから、今回の『社会保障・税一体改革』が一つの機転として、日本が良い方向に向かうことを願うばかりです。


さて、長々と最近思う政治のことを書いて参りましたが、こういったご時世で極端な下げ相場となっている中、毎月自動定期購入しているそれぞれのアセットクラスは今月もちゃんと買われておりました。

[中央三井-CMAM日本株式インデックスe
 約定日 8/8
 約定単価 8,150円

三菱 UFJ-eMAXIS 新興国株式インデックス
 約定日 8/9
 約定単価 8,839円

中央三井-CMAM外国株式インデックスe
 約定日 8/9
 約定単価 7,837円

中央三井-CMAM外国債券インデックスe
 約定日 8/9
 約定単価 8,972円

МHAМ-ММF
 約定日 8/8


どの時代もいろいろなことが起こります。われわれの後の世代の為にも政治を立て直す必要がありますし、自身の老後の為にも、コツコツと継続投資を続けお金にも働いてもらいたいと思います。


人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。