Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年09月04日 (日) | Edit |
先日『コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ #15』に参加した折、後田亨さんより新しく本を出されるとの話をお聞きしました。後田さんには購入させていただく旨をお約束させていただいておりまして、少し遅くなってしまいましたが、本日紀伊国屋書店で購入させて頂きました。


がん保険を疑え!がん保険を疑え!
(2011/08/12)
後田亨

商品詳細を見る


見事にがん保険の善し悪しをバッサリ斬っておられます^^ また、ご自身が加入されている保険やその理由、これからがん保険を考えるまたは既に加入している方向けの具体的なアドバイスも細かく解説されており、非常に分かりやすくとても参考となる内容となっております。



紀伊國屋書店
(P90とP91の訂正シールが気になるところ;)

インデックス投資家の中には、「保険に入るより自分で運用した方が保険会社に余計なお金を払わなくて済むので保険は要らない」と考える方もいらっしゃいます。なるほどなぁと理解しつつも、私は保険に加入しております。それぞれ2年前に加入したものですが保険内容は以下の通り。


◎家計保証定期保険(東京海上日動あんしん生命保険株式会社)
◎ガン重点医療保険SURE(ソニー損保)


保険に加入している理由は簡単。「奥さんに最低限の安心を与えるため」です。確かに生涯資産を増やすことを考えると運用の方が割が良く、保険ほど不確実なものにお金を払い続けることは時間軸が生み出す利益を放棄することでもありますから、もったいないことであることも分かります。

しかし、20~30年後の資産も大事ですが、明日突然自分が死んでしまったら人的資本の支柱が無くなり、家族が路頭に迷ってしまう訳です。不謹慎ながら私は以前、「人は簡単に死なないんだから保険の加入なんて必要ない」などと思っておりましたが、今回の大震災のように突然起こりうる悲劇という事態もあります。

ですから、改めて私が死んだ直後から奥さん子供に最低限の収入が入る家計保証定期保険への加入は間違ってなかったと思いましたし、これからも保険料を払い続ける意味はあるとも考えております。

またガン重点医療保険についても加入理由は同様。がんと診断されれば100万円がまとめて支払われるとこと(2年ごとであれば何度でも)が大きいです。60歳まで払い続けても120万円ぐらいですし、80歳まで生きるとしても、長生きすればするほど高い確率でガンで死ぬだろうなと考えてますから、トントンぐらいの感覚で考えています。

まぁ、これで奥さんも夫が何かあった場合にお金のことで不安になる必要は少なからず軽減されるということですから、我が家はひとまずこれでパワーバランスが保たれ、私も安心して投資にお金を回せるというメリットも付いてくるという落ちに結びつく訳です^^

人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。