FC2ブログ

SECOMと秘書とバランスファンド

おはようございます。じろらもです。

前回のエントリでも触れましたが、1年に1回のリバランスすら『面倒くさい』という1点でバランスファンドもいいなぁと思う今日この頃。これはシャケが故郷の川に還る様なものなのでしょうか!?

私は以前、世界経済インデックスファンドをメインファンドとして毎月投資していた時期がありました。しかし、以下の理由でバランスファンドを止め、現在のスタイルに変わっています。

その理由とは・・・、

運用コストを下げたい】
→これは1番大きな理由です。いくら市場の平均点を取りに行ったとしても、ファンドを購入する以上どうしても運用コスト(信託報酬またはエクスペンスレシオ)分はインデックスの下のラインを走ってしまう訳ですから、少しでも安くしたいと思ったわけです(バランスファンドは楽ですが割高)。


新興国債券比率を下げたい or いらない】
→そもそも外国債券は為替リスクを織り込むと、抱えるリスクが大きくなる割には期待リターンが小さいと過去のデータでは示されており、特に新興国という市場の不安定さなどの不確定要素が多すぎる点を加味すると、同じリスクを取るのであれば株式の方がリターンが見込めるのと判断です。


自分でポートフォリオを組みたい!】
→当時はカリスマブロガーの方々との交流も増え、アセットアロケーションの比率についての情報交換をするのが楽しい時期でしたし、更には新しい運用コストの安いファンドなども続々出て来たことも重なり、自身でポートフォリオを組んでみたいという思いが強くなった時期でした。


とまぁ、以上の理由から今に行き着いている訳でありますが、当時の私の欲求も含めてその考えは実に理にかなっているものだと思います。ただ、実際にほったらかし運用をしていると、当然のことながら市場の変化でアセットアロケーションの比率は変わる訳ですし、知らないうちに自分が思う以上のリスクを抱えてしまっている場合もあります。

ですから、1〜3年に1回のリバランスがとっても重要ということになる訳です。・・・が、それさえ面倒くさいと感じている私は目も当てられない
(><)!! 

こんな危険な人間に変わって定期的に目論見書通りのアセットアロケーションにリバランスすることを担保してくれるバランスファンドは、いわば自身のセキュリティーであり正確な仕事をしてくれる秘書の様な存在として考えることもでき、再注目をしているというわけです。

時間軸に沿って投資金額が膨らめば膨らむ程、秘書代は高額になる訳ですがね(^^;)A


人気ブログランキングへブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
関連記事
スポンサーサイト



tag : 続きはこちら】

コメント

Secret

プロフィール

じろらも

Author:じろらも
老後資金を考え、インデックス投資で長期分散投資をしています。

■練馬区に住む40代半ばの既婚者
【趣味】波乗り
【タイプ】ロングボード
【目標】海の近くで老後を楽しむこと
【愛読誌】NALU

■メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2010年 第118号
暮らし・資産づくり
「投資にツイッター」

日経ヴェリタス 2010年6月13日号


■投資との向き合い方
波乗りをしている間にも、私が投資したお金達は日本はもちろん、どこか知らない国や企業でせっせと働いています。

仕事や趣味を大切にしたい私にとって、時間に拘束されることもなく、また感情にも左右されず、毎月淡々と機械的に積み立ててくれるインデックス投資は正に最適です。

しかも投資したお金達が、国境を問わず世界中のさまざまな企業の生産活動に貢献していると考えると何だかワクワクしますよね!

長期で運用することによる複利効果と、ドルコスト平均法によるリスクの分散もできるとあって、私のスタイルに合っているストレスフリーな投資方法だと思っています。

老後に向かって今を楽しみましょう!
今週末もLet's Surf!

世界のマーケット
月間アクセスランキング
リンク
以下のリンクブログを参考に日々勉強させて頂いております。いつもありがとうございます。---(点線)---以上が相互リンクさせて頂いているブログ。---(点線)---以下が非相互リンクブログです。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
金魚と市況

株価ミニチャートのブログパーツ
おすすめネット証券
インデックス投資はやっぱりネットが便利!

SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
セゾン投信

Twitter
来訪者
メールフォーム
管理人への連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: