Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月05日 (火) | Edit |
おはようございます。じろらもです。

私の働く会社では、昨年秋より確定拠出年金(401k)が始まっております。確定拠出年金をざっくりと言ってしまえば、定年後の自分の年金を、会社ではなく自分自身が責任を持って運用するというものです。

企業はいままで確定給付年金という形で社員の年金をほぼ定率保証してきましたが、企業業績や会計制度も踏まえて、社員の年金を保証しながら会社のお金を回し続けることがとても大変になってきました。そこで導入されたのが、確定拠出年金です。

年金ということになりますので制度的には60歳以降に受け取るお金になり、数十年という長期的なスパンの資産運用が求められます。既に長期投資を行なっている私に取って、早期制度導入を待ち望んでいたものでもありますので、導入された時とても喜んだ記憶があります。

ちなみに私が現在、確定拠出年金で投資しているファンドは・・・

野村DC外国株式インデックスファンドMSCI-KOKUSAI

これ1本に100%全力投球です!

確定拠出年金は60歳まで引き出すことが出来ないというデメリットがありながらも、税制面で給付時まで課税は繰り延べられ、掛け金の運用益に対する課税は行われないなどのメリットがあり、投資商品としてはとても魅力的です。

個人的にアセットアロケーションを組んでいる中で、先進国株式クラスの中にこの野村DC外国株式インデックスファンドMSCI-KOKUSAIも組み込んでいます。

一時、途中で解約できないDC商品は別として扱い、ポートフォリオに組み込まない方が良いのではないかとも考えました。

しかし、職を無くして生活防衛資金も食い潰したとなると運用資金に手を出さざるをえず、その時点で考慮する余地も生まれますが、現状では特に問題になることもなさそうだと考えます。

運用コストの安さや税制面の優遇などを考慮すると、期待リターンの大きい商品で運用するのが効率的と判断しました(当分考えられませんが特別法人税の件もありますし)。
※リンク先はコメント欄を参照ください。


野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI
約定日 1/29
約定単価 7,829円
運用利回り 12.46%


人気ブログランキングへ←いま何位? ブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。