Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年01月31日 (木) | Edit |
おはようございます。じろらもです。

日本経済新聞の昨日の記事ではありますが、21面のM&I(資産運用と生活設計)に『米投信 インデックス人気』と大きな見出しをうってインデックス運用について特集が組まれています。

現在、米国では個人マネーが低コストのETFに向かっているというもの。バンク・オブ・アメリカ(大手米銀行)の集計では、2012年に米国の大型株で運用するアクティブ型投信のうち、7割近くのファンドの運用成績がインデックス運用に負けたと記事では述べています。

この当りの内容は、昨年に限らずとも良く知られていたところですが、米調査会社モーニングスターによれば、昨年まで7年連続でアクティブ型から資金が流出し、直近の3年間はETFに流入しているとしています。

そして、バンガードやブラックロックなどの大手インデックス運用会社間でコスト引き下げ競争が加速。米国でのインデックス投信人気は続きそうだと綴っています。←めちゃめちゃ羨ましい環境ですっ!!

特に今回の記事で興味深かったのはやっぱりボーグル氏(バンガード創業者)のインタビュー内容でしょう!

詳しくは新聞記事を読んで頂きたいのですが、私が一番興味深かったのは以下のQ&Aです。

Q.個人投資家は今後、何を心掛けるべきか

A.「昔は債券への投資比率を自分の年齢と同じにすべきだと言ったが、今は(歴史的な低金利で)債券に投資してもほとんど利回りは得られない。かといって配当や利息の収入を生まない商品やゴールドに投資するのもいかがなものか。(中略)今の米国株に特段の割高感があるわけでもない。今後10年を見通せば、株式に投資するのが賢明ではないか。同時に運用資産の多様化にも気を配るべき。」



過去から実績のある歴史的資産クラスの『債券』を、これまた歴史的低金利との条件を付けて株式シフトを提唱しています。この発言は過去に無い非常に興味深いものであると感じています。またコモディティーに関しては、運用資産の多様化を推奨しながらも、それ自体は何も利益を生み出さないとの観点からポジションは変わらず否定的の様です。

バンガード社の資産運用は約180兆円(日本の投信をすべてまるまるひっくるめても60兆円らしいです;)。2012年だけで約12兆7千億円が純流入したとのこと。日本も早くインデックス投資文化が根付き、個人投資家がより投資をし易い環境に願うことを祈る今日この頃であります。


日本経済新聞の購読申し込みはこちら


人気ブログランキングへ←いま何位? ブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。