FC2ブログ

コアファイターとなれるか?『世界経済インデックスファンド』

おはようございます。じろらもです。

ソニー銀行のホームページで『世界経済インデックスファンド』のファンドマネージャーである橋本隆吾氏(三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社 営業部 担当部長)が、ファンドの魅力について紹介しています。

橋本氏はコアファンドとして世界経済インデックスファンドを活用して欲しい旨を訴えていらっしゃいます。

世界経済インデックスファンド

このファンドは以前私も資産運用に活用していたものであり、著名ブロガーのとよぴ〜さん(【高配当ETFで戦略的インデックス投資日記】)も現在積み立てていらっしゃるようです。

世界経済インデックスPF

従来のアセットアロケーションからは株式クラス(50%):債券クラス(50%)というシンプルな比率は変わらないものの、それぞれ新興国クラス比率が増え、リスクを高めながらも世界経済の成長を取り込もうとしているのが伺えます。

最近のインデックス投資家の流れからすると、外国債券のポートフォリオ組入は避ける方向にあるようですが、一方で伝統的資産クラスを除外するのは如何なものか?といった意見もありますし、為替ヘッジありのものを条件付きで選ぶ方法もあるといった見解もあります。(ちなみに世界経済インデックスファンドはヘッジ無しです)
<参考>
外国債券クラスの為替リスクはどの程度か (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)
イールドカーブがスティープ化している外国債券+為替ヘッジでアルファを狙う(吊られた男の投資ブログ)


アセットアロケーションの比率はいろいろな理論があり、どれが絶対ということもありません。あくまで過去のデータから導きだされるリスクに対し、自身の許容度がどれだけ耐えられるかの判断ともいえます。

ですから、あとは自分でコントロールできるコスト面と手間の部分を考えてファンドを選ぶことが重要となる訳ですが、その観点から仕事や家族との時間を大切にして極力投資に時間をかけたくないといった人や、これから投資を始めてみようといった人には、分かり易い形のバランスファンドもありだと考えます。

その意味においてこの『世界経済インデックスファンド』は、信託報酬 が0.525%と低コスト。自分でリバランスをしなくても常に一定の組み入れ比率(株式50:債券50 6資産分散)を担保してくれ、現状のパフォーマンスも魅力的です。ほったらかしておくには申し分ないファンドだと考えます。

そんな訳で、じろらも的には更にローコストとなったバンガードのVTに魅力を感じながらも、一方でバランスファンドにも熱視線を送っている今日この頃であります。


人気ブログランキングへ←いま何位? ブログランキングに参加しています。何かのご参考になりましたらポチっとお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

じろらも

Author:じろらも
老後資金を考え、インデックス投資で長期分散投資をしています。

■練馬区に住む40代半ばの既婚者
【趣味】波乗り
【タイプ】ロングボード
【目標】海の近くで老後を楽しむこと
【愛読誌】NALU

■メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2010年 第118号
暮らし・資産づくり
「投資にツイッター」

日経ヴェリタス 2010年6月13日号


■投資との向き合い方
波乗りをしている間にも、私が投資したお金達は日本はもちろん、どこか知らない国や企業でせっせと働いています。

仕事や趣味を大切にしたい私にとって、時間に拘束されることもなく、また感情にも左右されず、毎月淡々と機械的に積み立ててくれるインデックス投資は正に最適です。

しかも投資したお金達が、国境を問わず世界中のさまざまな企業の生産活動に貢献していると考えると何だかワクワクしますよね!

長期で運用することによる複利効果と、ドルコスト平均法によるリスクの分散もできるとあって、私のスタイルに合っているストレスフリーな投資方法だと思っています。

老後に向かって今を楽しみましょう!
今週末もLet's Surf!

世界のマーケット
月間アクセスランキング
リンク
以下のリンクブログを参考に日々勉強させて頂いております。いつもありがとうございます。---(点線)---以上が相互リンクさせて頂いているブログ。---(点線)---以下が非相互リンクブログです。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
金魚と市況

株価ミニチャートのブログパーツ
おすすめネット証券
インデックス投資はやっぱりネットが便利!

SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
セゾン投信

Twitter
来訪者
メールフォーム
管理人への連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: