Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
2010年02月15日 (月) | Edit |
インデックス投資家のバイブル『ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の心理』を読み直しました。理由はケジメとでもいいましょうか。。

インデックス投資は長い年月をかけた、言ってしまえば農耕民族としてじっくりじっくり苗木を育てていく気の長~い作業です。その分日々の変化が無く日常的には面白みの無い投資であり、毎日の情報を追いかけていると、ごくたまに狩猟民族の悪魔というやっかいな感情が出て来るので、もう一度、原理原則を確認して自分を戒めようと思った次第です(笑)


ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
(2007/05/25)
バートン マルキール

商品詳細を見る




【本文抜粋①】
アセットアロケーションの四つの基準

アセット・ミックスを決定する合理的な基準を議論する前に、いくつかはっきり念頭に置かなくてはならないことがある。(中略)この問題に関する主な原則は次の通りである。


1.歴史の証明するところによれば、リスクとリターンは正比例している

2.株式も債券も、投資のリスクは投資期間に依存する。投資期間が長いほど、リスクは低下する

3.ドル・コスト平均法は株式・債券投資のリスクを有効に軽減する

4.リスクに対する態度と、リスク許容度は区別しなくてはならない



リスクがどの程度許容できるかは、証券投資からの収入を除く所得の種類と源泉をはじめとして、個々人の総合的な財務状態に依存して決まる。

【本文抜粋①終】


【本文抜粋②】
リスクに対する許容度

個人が投資を行なう上で最も重要な意思決定は、人生の各ステージに応じて、株式、債券、不動産、マネーマーケット商品などの「アセット・ミックス」を以下にバランスの取れたものにするかという決定であろう。ライフワークとして様々な資産のリターンの長期的な計測を行っているロジャー・イボットソンによれば、投資の総リターンの90%は、投資家の選択したアセット・ミックスによって決まるという。投資の成功度合いのわずか10%弱が、選択された資産の中身、例えば具体的にどの銘柄や投資信託を選ぶかに依存するにすぎない。

【本文抜粋②終】



何事も基本に立ち返ることが重要です。いやぁ、スッキリ邪念整理が出来ました!



人気ブログランキングへ ← 何かのお役に立てましたらうぐいすをやさしくポチっとお願いします。
無料レンタル
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック