Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
FC2ブログ
2010年02月25日 (木) | Edit |
「上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング)」(1681)が昨日上場しましたね。この上場にはインデックス投資家の方々の間では、国内新興国株式に分散投資する日本初のETFの東証上場とあって、Twitterやblog間で非常に沸いております。


そんなETFへの熱視線を横目に、評価の程は他のブロガーにお任せするとして、私は自身の知識を育み理想的なアセットアロケーションを求めるため、まだまだ知識の薄い REIT(Real Estate Investment Trust) : 不動産投資信託 を研究してみたいと思います。(投資は自己責任ですからね。しっかり研究して納得してリスクを負わなければいけません)


私はまだまだ他のインデックス投資家の方々のように、理想的なアセットアロケーションには到達しておらず、手探り状態で運用しているというのが本音のところです。そういった意味では他のブロガーの実践的情報を参考とすることも重要ながら、自身で本質研究していくことも知識の刷り込みとして大切なことです。インデックス投資は長期スタンスですからね。今日明日でどうこうなるものでもありません。ひとつひとつ納得しながら確実に知識を増やしていき、長い投資ライフを楽しんでいきたいと思います。


さて、私の投資スタイルは「ほったらかし運用」(毎月積立型分散投資)ですから、アクティブファンドは高額な信託報酬やベンチマークを超えるファンドが全体の3割しかないといった事実も含めてまったく興味ありませんので、比較対象となる研究ファンドは必然的に限られてきます。例えば、メインとして使用しているSBI証券には取扱REITファンドが国内14本、海外15本を揃えています。その内、毎月積立型に必須なのはノーロード(買付手数料なし)タイプですから、それらに絞ると海外が3本、国内が4本しかありません。



↓   以下、比較検証してみたいと思います。





<海外REIT>
  1. 国際−ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
  2. 三菱UFJ−eMAXIS先進国リートインデックス
  3. 住信−STAM  グローバルREITインデックス・オープン

ノーロードの海外REITはこの3本ありますが、国際投信投資顧問のワールド・リート・オープンは毎月決算型ですので、複利効果を考えるインデックス投資家には向いていないので省きます。


そうすると残るはやはりSTAMとeMAXISの2つに絞られますね。大まかな概要を比較しますと・・・


げ!!まだeMAXISは情報がそろってないんですね。。
そりゃそうか、時期尚早でした;;



まぁ仮に、「Blog ベムのメモ帳」 の情報を参考とさせてもらって表比較すると以下のようになります。

ファンド決算日参照(月次)保有銘柄数総資産額信託報酬総コスト
STAM2009/11/10
 201 1846百万 0.861%1.92%
eMAXIS2010/1/26
 199 224百万 0.63% 0.83%
※正式データが発表され次第変更したいと思います。



なんと!隠れコストと呼ばれる費用や税金を含めると、STAMはアクティブファンド並みの1.92%!!! ( ̄□ ̄;)
他のインデックスファンドと比べると圧倒的に高コストなんですね。。


う~む、eMAXISのデータが出次第、また比較してみたいと思いますが、現状ではいくら分散投資といえども、このコストにはドン引きですから状況を見守りたいと思います。



<つづく>
国内REIT編は正式な運用報告書が出てから検証します。


人気ブログランキングへ ← 何かのお役に立てましたらうぐいすをやさしくポチっとお願いします。
無料レンタル
関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
リートに関しても、また今度ミーティングしましょう!!
2010/02/26(Fri) 12:11 | URL  | 虫とり小僧 #-[ 編集]
>虫とり小僧さん

REIT MEETはぜひお願いします!! 楽しみにしてますね。
2010/02/26(Fri) 21:52 | URL  | じろらも #-[ 編集]
毎月積立型投資をしてるという事で聞きたいのですが、
1000円積立投資をEMAXISでしようと思うのですが、なんかデメリットってありますか?
良い話しか聞かないので何かデメリットがあるのか色々な人に聞いてます(;´∀`)
2010/02/28(Sun) 08:46 | URL  | 虫@貯蓄 #-[ 編集]
そうですねぇ、デメリットということですがeMAXISはノーロードファンドですから買付時の積立金額の多・少ではデメリットは発生しないと思います。あえて挙げるとするならば「信託財産留保額」でしょうか。

長期投資を前提に考えますと、信託財産留保額が無いと、リレー投資などで解約していった方々の費用を、残っているファンド保有者で負担するという構図になりますので、こういった部分ではデメリットと考えることができると思いますよ。
2010/02/28(Sun) 14:05 | URL  | じろらも #-[ 編集]
信託財産留保額は全然考えてませんでしたΣ(゚Д゚ υ)
物凄く勉強になりました(*´ω`*)
ただそれ以外は特に無いみたいなので一安心です(ノ´∀`*)
本当にありがとうございました(*´∀`*)
聞いてよかったです(*ノ∀ノ)
2010/03/01(Mon) 06:43 | URL  | 虫@貯蓄 #-[ 編集]
>虫@貯蓄さん

微力でしたがご参考となったようで何よりです。
他の方より隠れデメリット情報をキャッチした際はぜひご教授下さい!
2010/03/01(Mon) 22:34 | URL  | じろらも #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック