FC2ブログ

コツコツ投資を優遇!?・・・日本版ISAってなんだ?

おはようございます。じろらもです。

昨日の日本経済新聞の20面のM&I(マネー&インベストメント)の特集で、『長期のコツコツ投資 優遇』と題して、日本版ISAについて書かれています。

詳しくは記事をご覧頂きたいのですが、英国で導入されているISA(Indeividual Savings Accoung)をお手本とし、2014年1月より「日本版ISA(小額投資非課税制度)」がスタートするというもの。何やら英国では国民の4割がISA口座を保有しているとのことです。

ふむふむ、非課税とは良い話のようです。では実際の制度の概要を確認してみたいと思います。

more...

確定拠出年金を確認してみました。・・私のDCファンドはこれ

おはようございます。じろらもです。

私の働く会社では、昨年秋より確定拠出年金(401k)が始まっております。確定拠出年金をざっくりと言ってしまえば、定年後の自分の年金を、会社ではなく自分自身が責任を持って運用するというものです。

企業はいままで確定給付年金という形で社員の年金をほぼ定率保証してきましたが、企業業績や会計制度も踏まえて、社員の年金を保証しながら会社のお金を回し続けることがとても大変になってきました。そこで導入されたのが、確定拠出年金です。

年金ということになりますので制度的には60歳以降に受け取るお金になり、数十年という長期的なスパンの資産運用が求められます。既に長期投資を行なっている私に取って、早期制度導入を待ち望んでいたものでもありますので、導入された時とても喜んだ記憶があります。

ちなみに私が現在、確定拠出年金で投資しているファンドは・・・

more...

「学資保険についてご相談が」・・・「えっ!?」

おはようございます。じろらもです。

先日、取引先の方に「子供の学資保険を考えているのだが、じろらもさんはどうしているのか?」と質問を受けました。そして私の答えは、「(自分で運用しているので)・・・入ってません。」それしか答えることが出来ませんでした(汗)。

というのも何となくこんな商品ということは理解していますが、改めて聞かれると詳細に答えることができない浅い知識しか無かったということに気付いたわけです。よくよく考えれば保険のしくみは大体が同じで、学資保険もザックリとした ≒(ニアリーイコール)で認識していたのかもしれません。

そんな経験から、今後の質問リスクに備える(←もう無いと思いますが・・^^;)ことと、改めての確認も兼ねて調べてみることにしました。

more...

ジョン・ボーグル氏のインタビュー記事が日経新聞に!

おはようございます。じろらもです。

日本経済新聞の昨日の記事ではありますが、21面のM&I(資産運用と生活設計)に『米投信 インデックス人気』と大きな見出しをうってインデックス運用について特集が組まれています。

現在、米国では個人マネーが低コストのETFに向かっているというもの。バンク・オブ・アメリカ(大手米銀行)の集計では、2012年に米国の大型株で運用するアクティブ型投信のうち、7割近くのファンドの運用成績がインデックス運用に負けたと記事では述べています。

この当りの内容は、昨年に限らずとも良く知られていたところですが、米調査会社モーニングスターによれば、昨年まで7年連続でアクティブ型から資金が流出し、直近の3年間はETFに流入しているとしています。

そして、バンガードやブラックロックなどの大手インデックス運用会社間でコスト引き下げ競争が加速。米国でのインデックス投信人気は続きそうだと綴っています。←めちゃめちゃ羨ましい環境ですっ!!

特に今回の記事で興味深かったのはやっぱりボーグル氏(バンガード創業者)のインタビュー内容でしょう!

more...

生活防衛資金・・・今度の武者修行先は?

おはようございます。じろらもです。

インデックス投資家として、まず投資を始める前に行う必須事項としては、やはり生活防衛資金を確保することから始まるかと思います。この生活防衛資金というのは、たとえ突然現在の職を失っても2年間は生活できるだけの資金というのが現在のスタンダードな考え方かと思います。

この生活防衛資金を提唱したのは、過去に竹中平蔵の参謀とまでいわれた木村剛氏。彼の後の人生は別の話として、この考え方は非常に大切かつ重要なものです(たぶんインデックス投資家の多くが実践しています)。2年間といっても、月々の預貯金などの金額は入れず、家賃や食費や光熱費などの支出の面だけで必要な金額2年分をさします。

ではなぜ2年間なんでしょう?

more...

誰もが知るあのインデックス投資家が・・・ついに!!

おはようございます。じろらもです。

確か2009年の夏頃だったかと思います。私が何となく始めていたインデックス投資。その浅い知識を深く掘り下げ、私の知的金融好奇心をかき立てるとともに、こんな世界があったのか!と思わせ、ブログな世界へと導いてくれた人、そう、それが『虫とり小僧』さんです。

その虫とり小僧さん、Twitterではフォロワーが4300を超える人気のインデックス投資ついったらーな訳ですが、彼を知る著名インデックスブロガーからはブログ開設の期待も高いものでありました。そしていよいよ、自身のTwitterにて「ブログ開始宣言」が昨日行われたのです!

そのブログタイトルは・・・、

more...

Surfer's Houseに興奮!カリフォルニア工務店がいま熱い。

おはようございます。じろらもです。

「あなたのインデックス投資の行き着く先は?」と聞かれた場合、端的に言ってしまえば『老後の備え』であったりする訳ですが、ただ単純に定年後に備えるというだけではなく『心豊かに』という条件が加わります。

この『心豊かに』というとらえ方はヒトそれぞれ当然違ってくるものですが、私の場合はやっぱりブログタイトルにもあるように波乗りを含めた環境が重要な要素になって来ると思います。それはただ単純に波乗りだけが出来るという単純なものではなく、波乗りを包括する生活環境であったり、そのスタイルであったり、それに付随する感性に働きかけるまたは磨く何かであると考えています。

そんな未来を思い描き今を生きている訳ですが、その目標ががいくら前倒しになっても構わないとの考えは当然でもあるわけです。そんな未来プランを思い描きながらネットサーフィンしていたら、何ともじろらも心をくすぐるページを発見してしまいました!

そのサイトとは・・・

more...

プロフィール

じろらも

Author:じろらも
老後資金を考え、インデックス投資で長期分散投資をしています。

■練馬区に住む40代半ばの既婚者
【趣味】波乗り
【タイプ】ロングボード
【目標】海の近くで老後を楽しむこと
【愛読誌】NALU

■メディア掲載履歴
日経ヴェリタス 2010年 第118号
暮らし・資産づくり
「投資にツイッター」

日経ヴェリタス 2010年6月13日号


■投資との向き合い方
波乗りをしている間にも、私が投資したお金達は日本はもちろん、どこか知らない国や企業でせっせと働いています。

仕事や趣味を大切にしたい私にとって、時間に拘束されることもなく、また感情にも左右されず、毎月淡々と機械的に積み立ててくれるインデックス投資は正に最適です。

しかも投資したお金達が、国境を問わず世界中のさまざまな企業の生産活動に貢献していると考えると何だかワクワクしますよね!

長期で運用することによる複利効果と、ドルコスト平均法によるリスクの分散もできるとあって、私のスタイルに合っているストレスフリーな投資方法だと思っています。

老後に向かって今を楽しみましょう!
今週末もLet's Surf!

世界のマーケット
月間アクセスランキング
リンク
以下のリンクブログを参考に日々勉強させて頂いております。いつもありがとうございます。---(点線)---以上が相互リンクさせて頂いているブログ。---(点線)---以下が非相互リンクブログです。
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
金魚と市況

株価ミニチャートのブログパーツ
おすすめネット証券
インデックス投資はやっぱりネットが便利!

SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
セゾン投信

Twitter
来訪者
メールフォーム
管理人への連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文: